プライベート情報管理の決定版!1日1行ルーズリーフ備忘録

最近の傾向として、ライフハック・ブームの流れもあってか、
会社での業務記録や行動記録をつけるのが流行です。

 

たしかに、それらのデータが記録されていると、
後々、役立ちますし、今後の予定にも活かされて便利です。

 

ただ、どうせなら、プライベートの方も情報管理してはいかが?
と言うのは、「情報のさばき方」を執筆した元朝日新聞記者の外岡秀俊さんです。

 

外岡さんは、このデジタルの時代に、ルーズリーフに1日1行形式で、
あえて手書きで記入する、と言うアナログな方法で、効果を上げています。

 

そこで今日は、「情報のさばき方」の中から、外岡さんの1日1行ルーズリーフ備忘録のノウハウをご紹介します。

 

☆プライベート情報管理の決定版!1日1行ルーズリーフ備忘録
1,備忘録は、バインダーに挟んだルーズリーフの紙に、1日1行で記録する。
2,ルーズリーフは1頁に31行のものを使用すると、31日分が1頁に収録され、便利。
  こうすると、1年でも10頁程度、バインダー1冊に5年分位が入る。
3,記入例としては、
  ○月/×日 8:00起床→朝食パン→出社→Aにtel→K氏来社→昼食→BBC出稿
  →切り抜き→8:00帰宅→DVD「○○××」 等と書く。
4,ルーズリーフの左側には、ある日特記事項があれば「休日」とか「コペンハーゲン出張」等と注をつける。
  これを書くと後の記憶を引き出す手法となる。
5,この備忘録を続けるには、どんな多忙な日でも、同じ1行にすべてを集約するのがコツ。
6,自分にとってどんなに激動な日々であっても、自分が会った人や行った場所、食べたもの等は意外に少なく、
  平凡なことが多く、続けられる。
7,上記の備忘録の他に、頁を改めて、以下の項目を記録している。
・書いた原稿(見出し、行数)
・食べた場所(その相手)
・会った人(肩書き)
・行った所(出張先その他)
・読んだ本(書名、著訳者名、出版社)
・見たもの(展覧会、映画、舞台等)
8,原稿と呼んだ本は1つにつき1行形式で記入するが、他は行替えをせずに書き加えていく。
  1項目につき、年間でも1,2頁の分量にしかならない。
  このようにしておくと、後で振り返った時、「あれをやったのは、この時期だ」と言うことがよく分かり便利。

 

 

f:id:earlyworker:20220106121722j:plain

↑会社員でも取材関係の仕事がある方は必読の本です。



はみ出し銀行マンの投資戦略「投資の素人はインデックスファンドを買え!」

横田濱夫さんと言えば、「はみ出し銀行マン」シリーズで有名な元銀行マンで、
以前は銀行の内幕モノでヒットを飛ばしていましたが、その後は資産戦略モノを多く執筆されていました。

 

何たって、元銀行マンで、資産家相手にやりとりしてきた方ですから、
お金持ちの手のうちはよくご存じ
とくに素人が安全に、かつ、最大限利回りを上げる手口には、長けた方です。

 

そこで今日は、横田さんの新刊「はみ出し銀行マンの投資戦略」より、
投資に不慣れな人でも稼げる投資戦略をご紹介します。

 

☆はみ出し銀行マンの投資戦略「投資の素人はインデックスファンドを買え!」
1,これから数年日本株は買い。だけど、個別株は買わず、
  素人はインデックスファンドか、ETFを買うべし。
2,インデックスファンドだと、アクティブ型と異なり、購入手数料と信託報酬が安い。
  購入手数料はせいぜい1%、信託報酬も0.4~0.7%と、割安で済む。
3,インデックスファンドは、基本的に、市場平均並の成績を自動的に享受でき、
  銘柄で運用成績がまるっきり変わるアクティブ型のようなリスクを回避できる。
4,長期運用する場合は、インデックスファンドが有利。
  運用コストの安いインデックスファンドは、長期で持てば持つほど、そのメリットが効いてくる。
5,1万円程度の少額から始めたいのなら、インデックスファンド。
  個別銘柄が数十万円必要なのに対し、1万円程度からスタートできる。
6,運用成績に一喜一憂したくないのなら、インデックスファンドがオススメ。
  値動き自体がマイルドなので、のんびり冷静にかまえていられる。
7,インデックスファンドなら、小分けして売ることが可能で、リスクを低く抑えることができる。
8,買い時は、「日経平均が大きく下げた時」。
  まあこれぐらいでいいかと言う額を一旦買ってみて、まだ下がるようだったら、もう少し買ってみる。
  大切なのは有り金を全部、一度に投入してしまわないこと。

 

 

 

f:id:earlyworker:20220106122002j:plain

↑3勝2敗でも、10年後に確実に財産を残せる投資法が書かれています。



 

はみ出し銀行マンがコッソリ教える「こんなニュースが出たら株の買い時だ」

先日ご紹介した「はみ出し銀行マンの投資戦略」の中で、横田氏はインデックスファンドとETFを勧めていましたが、とは言え、株関係はいつ買うかが難しいところ。

 

それを知りたい!と言うニーズに応えた同じ本にありましたので、
ご紹介します。

 

☆はみ出し銀行マンがコッソリ教える「こんなニュースが出たら株の買い時だ」
1,日銀による大幅利上げ。
2,日銀による連続利上げ。
3,大幅な円高。(←輸出産業にマイナス)
4,アメリカ経済のハードランディング。(←住宅販売の再度落ち込み等)
5,海外株式市場の暴落
6,原油価格の再高騰
7,大きな企業不正事件の発覚
8,選挙での自民党敗北
9,北朝鮮問題の深刻化

 等々。つまり、相場が急落した際に仕込め、って言うことです。

 

 

f:id:earlyworker:20220106122002j:plain

↑これからタネ銭を作ろうと言う人には向きませんが、ある程度資産がある人は必読の本です。

 

リクルート元社長・江副浩正さんが語る「リクルート10の経営理念」

リクルートの元社長・江副浩正さんの新刊「リクルートのDNA」を読みました。
江副さんの本は既に、数冊出ていますので、これ以上いったい何を書かれたのだろう?
と思っていたのですが、江副さんがこれまでの経験から得たノウハウがコンパクトにまとめられていて、とても読み応えのある本でした。

 

珠玉の名言集になっていて、読めば読むほど味が出る内容です。
ぜひ、買って一度チェックしてみると良いと思います。

 

リクルート元社長・江副浩正さんが語る「リクルート10の経営理念」
1、誰もしていないことをする主義 
  リクルートは原則、これまで世に無かったサービスを提供して時代の要請に応え、高収益を上げていく、
  ビジネスモデルになっている。既存の分野に進出する時には、別の手法での事業展開に限定する。
2、分からないことはお客様に聞く主義
  大切なことは自分の意見を持ってお客様の意見を聞く姿勢にある。
3、ナンバーワン主義
  リクルートの同業者が出れば、それを歓迎する。後発企業の良い所はドンドン真似をする。
4、社員皆経営者主義
  リクルートのなかにスモールサイズの会社を数多く設立していく。
  定期的にカンパニーごとの収支計算を行い、高い収益にはそれに見合う報酬を、と言う考え方を取る。
5、社員皆株主
  リクルートは社員の会社。経営者は株主である社員の中から選ぶ形態を取る。
6、健全な赤字事業を持つ
  今の事業の高収益はいつまでも続かない。いつも新しい事業の立ち上げを続け、永遠の繁栄を指向する。
7、少数精鋭主義
  リクルートの少数精鋭主義は、「少数が精鋭を育てる主義」である。
8、自己管理を大切に
  自らが成長できるか否かは、自己管理をできるか否かにかかっている。
9、自分のために学び働く
  リクルートは、仕事が楽しい、仕事を通じて学ぶことを喜びとし、そしてその道のプロになる。
10、マナーとモラルを大切にする
  マナーの悪い企業であれば、良い顧客、良い取引先はやがて離れていく。

 

 

f:id:earlyworker:20220106122412j:plain

↑最近も江副さん紹介の本は出てますが、ノウハウ本としてはこれが最高です。



若手ビジネスマンの必読書!大前研一さんの「実戦!問題解決法」が教える「PSAがすぐ理解できる『3つの原則』と『3つのステップ』

大前研一さんの書籍「実戦!問題解決法」を読みました。
大前さん得意の所謂、PSA(プロブラム・ソルビング・アプローチ)本なんですが、
初心者向けの本としては、この本がイチバンのお薦めです。

 

もちろん、大前さんのPSA本としては「企業参謀」がピカ一なんですが、
やっぱり、時代を経て、内容がちょい古かったのですが、
今度の本は、それよりも内容も新しく、新鮮な気持ちで読めますし、
より、内容が易しくなっていて、PSA初心者には打ってつけの本です。

 

今日は、その本の中から、「PSAがすぐ理解できる、『3つの原則』と『3つのステップ』」を、ご紹介します。

 

☆「実戦!問題解決法」が教える「PSAがすぐ理解できる『3つの原則』と『3つのステップ』
PSAの原則】
①全ての問題は解決できる、という強い信念を持つこと。
  「しょうがない」と思った時点で思考は停止し、解決できる問題も解決できなくなる。
  問題解決は、その人が持っている意欲と目線の高さに比例して可能になる。
②常に「What,if・・・?」と考えよ。
  PSAでは「もし答えがあるとすれば、どういう範囲にあるのか、どういう感じなのか」と考えてみる。
  「もし、状況がこうなったら、どのように考え(あるいは行動、反応し)たらよいか」。
③原因と現象を混同するな。
  多くの場合、5割以上のウェートを持っている原因は1つだけある。
  たくさん問題がありそうに見えても、1つの原因が現象として色々な形で問題として出てくるだけ。
  現象に1つ1ついちいち対応していてもキリがない。原因を潰さなければ、絶対に問題は解決しない。
【実戦のステップ】
①足して100になる質問で問題の原因をあぶりだす。
  これを緻密な論理を組んで実行しないと、原因が指摘した問題の外にある場合もあるので、解決しない。
  最初に問題を見つけていくための設問の中で、絶対にその外側に問題はないという論理構成をする。
②問題の本質が見えてきたら仮説を立てる。
  「足して100になる」設問を山のように繰り返して原因のレンジを狭めたら、仮説を立てる。
③仮説を実証するためデータを収集し証明する。
  その仮説を実証するために証拠となるデータ、事実を集め、その証拠からそれに違いないということを、
  証明していく。
  このプロセスではA=B、B=C、であればA=Cである論理を使う。これがロジカルシンキングであり、
  問題解決アプローチの中では最も重要なプロセスである。

 

 

f:id:earlyworker:20220106122849j:plain

↑とにかく経営幹部を狙う人は必読の本です。絶対お薦め!



『3分ライフハッキング』式 「モノをなくさない13のHacks」

会社、会社で忙しい生活を毎日送っていると、
どうしてもモノをなくしてしまいますよね。

 

なくさないまでも、モノを探す時間そのものがムダで、
一説によると、通常のビジネスマンで、一年間にモノを探す時間に150時間も、
充てているのだとか・・・。
ホント、そんなムダは避けたいですよね。

 

そこで、ご紹介したいのが、書籍『3分ライフハッキング』に掲載されている、
モノをなくさない13のHacks」です。

 

この本、元々は、webサイト「It-medhia」さんに掲載されていた「3分ライフハッキング」をまとめたもので、非常に実践的なネタが満載で読み応えがあるものです。

 

☆『3分ライフハッキング』式 「モノをなくさない13のHacks」
1,所持品の色はわざとバラバラにする。
2,ポケットの多すぎるバッグの利用は慎重に。
3,ツールを持ち運ぶ範囲は限定しておく。
4,重要なモノは床近くに置く。
5,書類のサイズは統一する。
6,「積む方向」と「見える方向」は反転させる。
7,収納状況が外観で判別できる収納ツールを用いる。
8,収納は引き出しよりも棚を選ぶ。
9,使用後にいちいち元の位置に戻さない。
10,五感にフルに訴える目印をつける。
11,なくすとすぐ分かるモノと一緒に置く。
12,コピーできるものは他人に配布してしまう。
13,感情が高ぶっているときにモノの整理整頓をしない。

 

 

f:id:earlyworker:20220106124259j:plain

↑ハックものの本は沢山ありますが、こんなに実践的なノウハウがてんこ盛りの本はありません。要チェック!



Fantasistaさんが教える勝つ投資家になる秘訣!「トレード日誌を書け!」

どうせ株式投資をやるのなら、勝ちたい、儲けたいものですよね。
そのために、様々な投資関連の書籍が刊行されていますが、
実際のところ、なかなかグロスで儲けることは難しいものです。

 

勝つ投資家になる秘訣は、「トレード日誌を書け」と提言するのが、
かつてのカリスマネット投資家Fantasistaさんです。

 

すべての自分のトレードについて、検証することが上級者への第一歩だそうです。
今日は、そのノウハウをFantasistaさんの著書「サラリーマンしながら株で月収4000万円稼ぐ会社四季報で儲ける売買法」より、ご紹介します。

 

☆Fantasistaさんが教える勝つ投資家になる秘訣!「トレード日誌を書け!」
1,勝つ投資家になる秘訣は、「トレード日誌」を書くことである。
2,「何がいけなかったか」「利食いの判断は正しかったか」「参入した時期は正しかったか」
  と言った反省点をまず、自分のノートに書くこと。
3,負けの原因を書いて、それを1つずつ撲滅していくことが大事。
4,書くうちに、同じ言葉を何度も書いていることに気が付くはず。
  「ロスカットが遅れた」「ムリなポジションをとった」「売りが早すぎた」等々。
5,株式投資心理的な面も大きいので、そう簡単に負けの原因を無くせないが、
  1つ1つ消していくことが勝利への近道である。
6,ノートに書くべき項目は、
  ①銘柄名、②株数、③買った日付、④買った理由、⑤ロスカット利食いの目標、
  ⑥売った日付、⑦売った理由、⑧損益、⑨トレードの反省点を書く。
7,大事なことは、④買った理由と、⑦売った理由。
  これらをチェックすることで、必ず投資の実力は伸びていく。

 

 

f:id:earlyworker:20220106124701j:plain

↑タイトルを見ると四季報の使い方だけの内容に見えますが、株式投資一般に学ぶところが多い本です。名著。