たった1日で別人になれる!あらかわ菜美さんの「時間簿」のつけ方

現代のビジネスマンは、とにかくスピードが求められ、
1週間、1日中、時間に追われています。

 

それはいいのですが、何も考えずにただ流されていると、
忙しい割に、仕事がこなされていない、と言う事態に陥りがちです。

 

そこで今日は、あらかわ菜美さんの書籍「 残業をゼロにする「ビジネス時間簿」 」より、あらかわさんオリジナルの時間簿のつけ方、使い方をご紹介します。

 

☆たった1日で別人になれる!あらかわ菜美さんの「時間簿」のつけ方
1、「時間軸」を設定する。
  縦方向に、起床から就寝までの「時間軸」を設定する。
2、項目を設定する。
  横方向に、時間の性質を項目立てしていく。
  項目の数の内容も自由だが、まずは「本日やること」「すき間、ながらでできること」「組織」
  「目標」の4項目でつけてみるとよい。
3、組織に束縛されない仕事の人は、「本日やること」「すき間、ながら」「したいこと」「目標」とする。
4、時間軸に沿って、時間をどのように使ったかを書き込む。
  「本日やること」にはアポイント等、時間の決まっている予定を、「すき間、ながら」には、5分、10分の
  すき間時間で行ったことや、メールチェック等「ながら」で行ったこと等を書き込んでいく。
5、「時間簿」をつけると以下のことがわかる。
  ①「時間ロス」の自分のクセがわかる。
  時間のかけグセがわかれば、あなたが早く帰れない理由がわかる。
  ②仕事ができる人の時間には共通点があることがわかる。
  ③何が原因で「つかえ」ているのかがわかる。
  

f:id:earlyworker:20211125155534j:plain

↑ちょっと他のビジネス書と異なるノウハウが書かれていて、面白いです。



福島哲史さんの「クリアホルダー整理術」

コンサルタント福島哲史さんと言えば、能率手帳を使った情報整理術で有名な方で、「能率手帳で情報を10倍いかす法」のヒットもあります。

 

その方が新たに打ち出した整理術が「クリアホルダー整理術」です。
今日はそのノウハウを氏の書籍「クリアホルダー整理術」より、ご紹介します。

 

☆福島哲史さんの「30倍クリアホルダー整理術」
1,情報整理にはクリアホルダーを使用し、以下の4つのホルダーを使用する。
2,A=「すぐに処理したい、カバンに入れて持って行きたい(緊急)
  B=「後でじっくり判断したい」(保留)
  C=「とても重要なもの」(重要)
  D=「捨ててもよい」(削除)
  A~Cは保存しておくべきもので、本来なら頭の中に保存しておかなくてはならないもの。
  それを外部脳として使うことで、爆発的に情報処理が進むことになる。
3,A~Dのホルダーを以下の色で使い分けるとより効率性がほくなる。
  A=赤、B=青、C=透明、D=黄
4,Aは緊急度の高いホルダーとして活用する。仕事関係の請求書や領収書用等。
  Bは判断の必要な書類を入れる。見積書等。
  Cは重要度の高い資料用ホルダー。会議資料や打ち合わせ資料。
  Dは気になったものを残す程度で、なるべくすぐに捨てる。パンフレット、チラシ、広告紙等。
5,この情報整理術の肝は、分類にある。
  A~Dのホルダーに分ける点に重要性がある。
6,処理は2段構えで実行する。
  1回目の処理で、B保留と、D廃棄の処理を行う。
  つまり、廃棄できるものはこの時点で原則してしまう。
  2回目の処理で、
  A緊急(時間) 済ませて廃棄。
  B重要(価値) 保存。
  C再保留(迷う) 保存(ストック)
  D廃棄 ゴミ箱へ。

 

 

f:id:earlyworker:20211125155807j:plain

↑整理術の新顔です。



菅谷義博さんのすごい儲けの仕組み!「反応を上げるメール戦略」

ちょっと前の本ですが「80対20の法則を覆す ロングテールの法則」でヒットを飛ばした菅谷義博さんの続編「続80対20の法則を覆す ロングテール戦略」を読みました。
内容は、前著の理論を具体論に展開した実践編とも言える内容の本です。

 

著者自身、ネット業界では「戦術」は「戦略」に勝る場合もある
と言うだけあって、小ネタも多いですが、非常に説得力ある内容で、
ネットビジネスを実践している人は必読の書です。

 

今日は、「続80対20の法則を覆す ロングテール戦略」の中から、「反応を上げるメール戦略」のポイントをご紹介します。

 

☆菅谷義博さんの「反応を上げるメール戦略」
1,雑誌形式のメールマガジンはもう読まれない。読まれるのはあなた宛ての「手紙」である。
2,だからメルマガも、「知人に出すメール」のように書く必要がある。
3,「差出人」はできるだけ個人名にすること。個人名でないメールは即「重要でないメール」と思われる。
4,送信元アドレスを「info@~」の形式にして送ると、スパムメールと思われ、顧客に届かない。
5,メルマガを一斉配信する際には、普通のメールソフトのBCC機能では送らない。
  必ず一斉配信用のソフトを使って送ること。
6,Subject(件名)の欄には、送る相手の名前を入れて送ると、通常反応率が上がる。
7,本文の冒頭では、相手の名前を読みかける。但しフルネームはダメ。必ず名前だけで呼びかける。
8,次に名前も書いて名乗ること。個人から個人へのメールであることが強調される。
9,相手の近況を次に訪ねると、「1対1のメール」感がグッと高まる。
10,資料請求や購入用のアドレスは、URL短縮サービス等を使って、必ず短いアドレスにすること。
11,文中でも何度か相手の名字を呼んで呼びかける。
  「○○さんがご興味があるかと思いお知らせしました」等々。
12,追伸は実は一番印象に残る部分。最も訴えたいメッセージを「追伸」として書くこと。
13,以上のような文章パターンのノウハウについては、必ず何度か実際にやってみて、
  「テスト」を行うことが大切。どんどんテストして自分の勝ちパターンを作ること。

 

 

f:id:earlyworker:20211125160122j:plain

↑とにかくオリジナルノウハウの量は市販書の中でもピカ一です。



晴山陽一さんの「アウトプット五原則」

英語関係の書籍を数多く量産している晴山陽一さんは、
元々教育関係の出版社の編集者で、元の会社で多大な業績を残した後、独立、
10年間で約80冊の書籍をものにし、その多くがヒットするという凄腕の仕事師です。

 

晴山さんはどうして、そんなに沢山本を出す=アウトプットができるのか?
その疑問の答えを、晴山さんの書籍「知的生産のためのすごい!仕事術 」のアウトプット五原則より、ご紹介します。

 

☆晴山陽一さんの「アウトプット五原則」
1、材料をきっちり揃えておく。
  本を書き始める前に「作業」としてデータ集めをすることが大原則。
  ろくに材料が揃っていないのに書き始めてはいけない。
2、あらかじめ構成をしっかり決める。
  とにかく仮でもいいので構成を考え、材料が十分に集まっているかをチェックする。
  材料やデータの足らない部分は補っておく。これが執筆に必要な「ダンドリ」である。
3、とにかく一度書いてみる。
  一回で決めようと思ったら余計プレッシャーがかかってしまう。
  下手でもいいのでとにかく書くことで全てが始まる。
  途中からでもいいので、とにかく書けるところから書いて形にしてみる。
4、本丸(一番書きたいところ)から攻めよ。
  一番訴えたい所、大事な部分を書いてみる。要点の箇条書きでも、メモ書きでもいい。
  とにかく核になる部分を形にすると、その導入、肉付け、例証、締めの言葉、と言うふうに、
  次第に全体像が現れてくる。
  晴山氏は、章ごとに一番書きたいことをまず箇条書きに打ってしまい、それに肉付けする方法で、
  書いている。
5、批判力を自分に向けて推敲する。
  一度でもとにかく形にすると、自分の考えの外側に出られる。すると自分の考えを外から眺めることができる。
  そうなったら、日頃の他者に対する批評眼を自分の文章に向ける。
  こうすれば、批評眼が一流なら、二流の書き手でも最後は一流の作品になる。

 

  

 

 

f:id:earlyworker:20211125170959j:plain

↑これは本当に役立つ仕事術の本。仕事術本のベストオブベストの本です。



南山宏治さんの「勝率100% ETF投資で成功する5か条」

最近、注目を浴びている投資法がETF」を使った投資法です。
手数料や保有コストが安いうえに、いつでも売買ができる、と良いところだらけの商品です。

 

今日はそのETFを使って資産を増やす投資術
南山宏冶さんの書籍「7戦7勝・10万円から始める南山式ETF〈上場投信〉投資術 」よりご紹介します。

 

☆南山宏治さんの「勝率100% ETF投資で成功する5か条」
1、リスク管理を忘れない。
 ①心理面のリスク管理 謙虚、冷静、臆病、大胆たれ。
 ②資産配分のリスク管理 重要な意味を持つノーロード投信。
2、研究熱心たれ。
 ①ETFに素直な興味を持つ。
 ②ETF取引を実践する。
 ③ETFでリターンを取る。
3、他人と競争をしない。
 他人の成功を羨むと正常な判断ができなくなる。
4、無我の境地で。
 数%上がった下がったで一喜一憂していてはダメ。
5、市場への感謝と畏怖を持つ。
 世界2位の株式市場を持っていることを感謝する。

 

 

f:id:earlyworker:20211125171519j:plain

↑シンプルですが、効果的な方法が書かれています。



お金持ちはみんな持っている!「経済的自由人の5つの口座」

ベストセラー作家・本田健さんの書籍「幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 」によると、お金持ちは5つの銀行口座を持ち、それをうまく管理することで、お金持ちへの階段を登っていくことに成功するんだとか。

今日はそのノウハウを同書より、ご紹介します。

 

☆お金持ちはみんな持っている!「経済的自由人の5つの口座」
①一般生活口座
 普段生活する時に使う口座。
 給料の入金や生命保険の引き落とし等に使う。
 この口座からお金を②から⑤の口座に振り分けていく。
②楽しむ口座
 収入があったら、真っ先に入金したい口座。
 この口座を作ることには、あなたに「人生って楽しいんだな~、もっと稼げるようになりたい!」と、
 感じさせる目的がある。
③投資口座
 投資を行う際に使う口座。証券会社の口座でもOK。
 この口座から定期的に株を買ったり、不動産を買ったりする。
 この口座に入金される金額はあなたを豊にしてくれる。
 自己投資をする時も、ここからお金を出す。
④経済自立口座
 一生引き出せない口座で、あなたが将来経済的自由人になると言う前提で作る。
 銀行の信用をつけたり、あなたの生活に安定感や自信を増すための口座。
 この口座にいったんお金を入金したら、生涯引き出してはいけない。
⑤寄附口座
 あなたが寄付をするための口座。
 ここに収入の一定金額を入れて、定期的に寄付をする。
 どこに寄付をするのかは、その都度見直すこと。
 あなたが稼ぐお金が誰かの役に立っていくということを実感してください。

 

 

f:id:earlyworker:20211125171324j:plain

↑非常にわかりやすい理論で億万長者への道が学べます。



ロバートキヨサキさんの秘中の秘!「20-10-5の投資のサイクル」を学びなさい!

金持ち父さんシリーズで有名なロバート・キヨサキさんの「金持ち父さんのパワー投資術」を読みました。
中でも面白かったのは、「20-10-5のサイクル」の話です。

 

この黄金のサイクルを知るだけで、大きく投資効率が変わると言うのです。
これからお金持ちになりたい人必読の法則ですよ!

 

☆ロバートキヨサキさんの秘中の秘!「20-10-5の投資のサイクル」を学びなさい!
1、株式市場は20年間、投資市場の花形であり続ける。
2、そして20年目が近づくと暴落の可能性が高くなる。
3、暴落後、市場はだいたい10年間低迷する。
4、株式市場が低迷中の10年間は金や銀、石油、不動産のような「商品」が投資の世界の中心をしめる。
5、そして5年毎に何らかの形で大きな災いが起きる。

 

f:id:earlyworker:20211125172124j:plain

↑色んなことが書いてありますが、大事な話は3つ。それだけに注力してください。